因習から抜け出せない相撲界は変わるとは出来ない?

因習というと何か悪い習慣のようですが、現在でも相撲の親方衆はどこかの一門と呼ばれているグループに所属しなければならないそうです。それを因習というのかは議論が分かれる所ですが、それよりも問題は貴乃花親方のことです。彼はご存知のように、貴乃花部屋を離脱してしまい、一人になっています。貴乃花一門の力士や親方は出羽の海一門や二所ノ関一門など別の一門に吸収されました。しかし貴乃花は態度を明らかにいたしません。何を思っているのでしょうか。すべての親方はどこかの一門に所属しなければならないという決まりに反発しているのでしょうか。そのような決まりを打破したいのか、新たな決まりを作って貰おうとしているのか分かりません。今までの経緯は貴乃花が相撲界を変革したがっているようにみえます。新しい時代の相撲はどうあるべきなのでしょうか。土俵に女性が上る事は禁止とか、親方株が高額で取引されているとか、一門制度もよく分からない事です。モビット お金を借りる