サツマイモをたくさん買ってきて子供のおやつを作った話

サツマイモをたくさん買ってきて子供のおやつにそれをレンジで「チン」して出してみました。始めは子供たちは「美味しい、美味しい。」と言ってくれたのですが私がそれと同じものを立て続けに出したので子供たちは「またお芋。」というようになりました。そのように言われたので私は大学いもを作りました。
そうしたら子供たちはまた喜んで食べてくれました。
たぶん、これをまた数日おやつとして出すと子供たちは「お芋はもう飽きた。」とかいいかねないので、ここで芋きんとんと芋ようかんを作りました。
ただし、お芋を裏ごしする作業は面倒なのでフードプロセッサーで簡単に仕上げてしまおうと思いましたが、裏ごしの作業を子供たちにやってもらいました。子供たちは喜んでと言うわけではありませんが手伝うのも悪くないといった顔で私の作業を手伝ってくれました。
子供たちの作った栗きんとんは私の作った比較すると少し大きめに作られています。でも、味は同じなので問題はありません。